国連アライアンスや国連総会の貫徹や活動の所作について

インターナショナル連合の店について演習しました。第二今度基盤戦後、世界の人々の和やかへのお願いは強まりました。世界の旗手たちも三度、基盤競争の事故を起こさないために競争が終了する以前から、米・英・ソ連の3世界中が中心となり、目新しいインターナショナル和やか長続きからくり店開きのための課題しあいを続けてきたそうです。その結果、1945ご時世に連合世界中はサンフランシスコに入り込み、インターナショナル連合憲章に肉筆しました。そして同年、インターナショナル連合(国連)が成立しました(原参入世界中は51か国)。国連は、総会・人心地埋め合わせ理事会・環境世間理事会・嘱託制覇理事会・国際司法裁判所・職務テレビ局を有し、6役所の下に多数の委員会・スペシャル役所を設けて活動しているそうです。総会は、全参入世界中によって構成されています。人心地埋め合わせ理事会は、世界の和やかと人心地の障害について決定する権能をもっています。1950ご時世の国連総会は「和やかのための結集」決議を採択しました。条約が出来ているからこそ国内は平和なんだろうなと思いました。http://www.imacsindonesia.com/